会津の新しいワイナリー

「新鶴ワイナリー」 ・・・

5月1日の新元号「令和」のスタートと同時に「新鶴ワイナリー」がオープンしました。
会津美里町新鶴地区はぶどう栽培が盛んな所で、ワイン用ぶどうもメルシャンのシャルドネが約40年の長い間栽培されています。
そのため、「新鶴ワイナリー」の誕生は、ワイン文化が醸成されている新鶴地区の皆様の長年の念願がかなったものです。
新鶴内外の多くの皆様からの大きな期待が寄せられていますので、今後の展開が楽しみなワイナリーです。

左から、720mL赤ワイン、375mL赤ワイン
仕込みの作業中です。
新しいタンクで発酵中。